バルトレックスは、バラシクロビル塩酸塩を主成分とする抗ウィルス薬で、単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられます。

送料無料¥7,999以上

  • バルトレックスの通販で購入 バルトレックスの通販で購入

※パッケージは参考画像です。内容量などの詳細はご注文商品詳細をご確認くださいませ。
外観は製造国により写真と異なる場合があります。

バルトレックス

在庫状況: 在庫切れ

効果効能 ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹を治療する
有効成分 バラシクロビル塩酸塩1000mg
メーカー GSKファーマ
レビュー
0 レビュー
健康のまとめ

商品詳細

バルトレックスは、バラシクロビル塩酸塩を主成分とする抗ウィルス薬で、単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられます。ヘルペスウィルスに感染してしまうことで、皮膚あるいは粘膜に発疹や水ぶくれを作り出し、それに伴って現れる痒みや痛みを抑え、症状の悪化を防ぐことが出来ます。

作用として、ウィルスがDNA(遺伝子情報)を複製することを阻害し、ウィルスの増殖を防ぐ抗ウィルス作用があります。

単純ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹の治療に用いられ、同じ抗ウィルス薬のゾビラックスのプロドラッグとなり、体内に入るとアシクロビルに変換が行われる事で効果が現われます。

体内への吸収率が良いとされているので、大量服用を必要とせず少ない回数1日に1~3回(ゾビラックス5回/日)ほどの服用で効果を発揮すると言われています。


使用方法

バルトレックスの服用方法は適応症状は変わりませんが、成人か小児によって異なります。

【成人】

・単純ヘルペス

1回500㎎とし、1日に2回の経口服用

・帯状疱疹、水痘(水疱瘡)

1回1000㎎とし、1日3回の経口服用

・性器ヘルペス再発抑制

1回500㎎とし、1日1回の経口服用

・造血管細胞移植による単純ヘルペスの発症抑制

1回500㎎とし、1日2回の経口服用

また、造血幹細胞移植を行う7日前から移植後35日まで経口服用


【小児】

・単純ヘルペス

体重40㎏以上は1回500㎎とし、1日2回の経口服用

・帯状疱疹、水痘(水疱瘡)

体重40㎏以上は1回1000㎎とし、1日3回の経口服用

・性器ヘルペス再発抑制

体重40㎏以上は1回500㎎とし、1日1回の経口服用

HIV(エイズ)感染症の場合には、1回500㎎とし、1日2回の経口服用

・造血管細胞移植による単純ヘルペスの発症抑制

体重40㎏以上は1回500㎎とし、1日2回の経口服用

また、造血幹細胞移植を行う7日前から移植後35日まで経口服用

尚、成人・小児を問わず、年齢や症状によっては用量が適宜増減します。

効果·効能
ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹を治療する
副作用

バルトレックスは副作用が少ないと言われ、起こるとすれば胃腸症状である腹痛や吐き気、下痢、皮膚に症状が現われることもあり発疹や痒みが出来ることがあります。

他にも、頭痛や眠気、ふらつきがあります。

症状に合わせてバルトレックスを服用している限り、滅多なことでは重い副作用は起こりませんが、初期症状などのために以下に挙げる副作用の症状が現われた場合には重い副作用の前兆である可能性があるので、万が一の事を考え念のため注意して下さい。

・急性腎不全…血尿、体のだるさ、吐き気、浮腫み、尿が出ないまたは量が少ない

・重い肝臓の症状…食欲不振、吐き気、発疹、痒み、白目や肌が黄色くなる、尿の色が茶褐色

・アナフィラキシーショック…血圧低下、冷汗、顔面蒼白、手や足のしびれ、全身発赤、ノドや顔が腫れる、息苦しさなどがあり、全ての副作用を記載しているわけではないので、体に異変を感じた場合には医師に相談して下さい。


注意点

バルトレックスを服用するにあたり、まず持病やアレルギーなどを持っている方は医師への相談が必要となり、妊娠の可能性がある方も申し出るようにして下さい。

注意が必要となるケースは、肝臓や腎臓に病気を持っている人や小さな子供、高齢の人は慎重に服用を行わなければならず、特に腎臓に病気を持っている人や高齢の人は、薬が体外に排泄されるのが遅れてしまうことがあるので、服用の間隔を空ける時間を延ばしたり慎重な服用が必要になります。

他の病気の治療のために何か薬を使っている場合には副作用が出やすくなることがあり、胃酸の分泌を抑えてくれるタガメットや免疫を抑える免疫抑制剤のセルセプト、喘息の薬であるテオドールなどの併用には気を付けなければなりません。

口コミ
0 合計

レビューを書く

この商品はいかがでしたか?利用した感想をご記入ください.

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
満足度

ニックネーム*

レビューのタイトル*

商品レビュー本文*

君たちに伝えたい良い商品