パリエットは、胃酸の分泌を抑制するお薬です。

送料無料¥7,999以上

  • パリエットの通販で購入 パリエットの通販で購入

※パッケージは参考画像です。内容量などの詳細はご注文商品詳細をご確認くださいませ。
外観は製造国により写真と異なる場合があります。

パリエット

在庫状況: 在庫切れ

効果効能 胃酸の分泌を抑制する
有効成分 ラベプラゾールナトリウム20mg
メーカー エーザイ
レビュー
0 レビュー
健康のまとめ
興味のある商品おすすめ:

商品詳細

パリエットは、胃酸の分泌を抑制するお薬です。このお薬は酸分泌抑制薬とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑制することで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍による、胃の痛みや胸やけを和らげ、治癒を促進してくれます。

その他にも、逆流性食道炎や鎮痛薬の服用による胃荒れの治癒にも有効とされ、ヘリコバクター・ピロリの除菌に対しても高い有効性があります。

これらの効果は有効成分のラベプラゾールの働きによるもので、ラベプラゾールは胃酸を分泌する酵素である「H+,K+_ATPase」と結合し、この酵素の活性を抑制、さらにプロトンポンプの働きを阻害することで酸の分泌を抑えます。

プロトンポンプとは、ポンプ機能を持ったタンパク質の一種で、胃の細胞壁に存在する、胃酸分泌を最終的に行う組織です。

このような特徴から、プロトンポンプ阻害薬とも呼ばれるパリエットは、同系統のお薬の中でも胃酸の分泌を強力に抑制できる薬とされ、特に逆流性食道炎の治療においては90%を超える高い治癒率が得られるとして、その有効性が認められていることから、国内の治療において、第一選択薬として選択されることが多いお薬です。


使用方法

【胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群の場合】

20mg の服用の場合、1回0.5錠を1日1回服用して下さい。

病状により1錠を1日1回服用することも可能です。

なお、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍の治療は8週間までとし、十二指腸潰瘍の治療は6週間までの服用となります。

【逆流性食道炎の場合】

20mg の服用の場合、1回0.5錠を1日1回服用して下さい。

病状により1錠を1日1回服用することも可能です。


効果·効能
胃酸の分泌を抑制する
副作用

過敏症状、血液障害、消化器症状、肝機能障害、神経症状などが報告されています。

重篤な副作用として、ショック、アナフィラキシー、無顆粒球症、汎血球減少、溶血性貧血、血小板減少、劇症肝炎、黄疸、間質性肺炎、肝機能障害、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、急性腎不全、間質性腎炎、低ナトリウム血症、横紋筋融解症などの症状が現れる場合があります。

異常を生じた場合にはご使用を止め、すぐに掛かりつけのお医者さんにご相談下さい。

注意点

ラベプラゾールナトリウムに対して過敏症の既往歴がある方

アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の方

口コミ
0 合計

レビューを書く

この商品はいかがでしたか?利用した感想をご記入ください.

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
満足度

ニックネーム*

レビューのタイトル*

商品レビュー本文*

君たちに伝えたい良い商品