ジプレキサジェネリックは、オランザピンを成分としており、統合失調症や双極性障害などの精神疾患の治療に用いられるジプレキサのジェネリック医薬品です。

送料無料¥7,999以上

  • ジプレキサ・ジェネリックの通販で購入 ジプレキサ・ジェネリックの通販で購入

※パッケージは参考画像です。内容量などの詳細はご注文商品詳細をご確認くださいませ。
外観は製造国により写真と異なる場合があります。

ジプレキサ・ジェネリック

在庫状況: 在庫切れ

効果効能 双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善
有効成分 オランザピン10mg
メーカー インタスファーマ
レビュー
0 レビュー
健康のまとめ

商品詳細

ジプレキサジェネリックは、副作用の少ない第2世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に属し、統合失調症や双極性障害などの精神疾患の治療に用いられるジプレキサのジェネリック医薬品です。ジプレキサジェネリックを購入したい方はネット通販サイトでご利用ください。

統合失調症は、神経伝達物質のセロトニン及びドパミン受容体が正常に機能しないことで発症しますが、これには物質の過剰分泌が関係しており、セロトニンの分泌が過剰な時は意欲低下や無気力を生じる陰性症状が発症し、逆にドパミンの分泌が過剰な時は幻聴や幻覚などを生じる陽性症状が発症します。

オリザは、成分の働きにより、気持ちの高ぶりや不安感を鎮め、停滞した心身の活動を改善する働きがあり、統合失調症、双極性障害、強い不安感・緊張感、抑うつ状態などの精神症状の治療に使用されます。

使用方法

通常、成人はオランザピンとして5~10mgを1日1回経口服用により開始する。

維持量として1日1回10mg経口服用する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、1日量は20mgを超えないこと。

効果·効能
双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善
副作用

比較的多いのは、立ちくらみ、めまい、眠気、口の渇き、便秘、尿が出にくい、動悸、体重増加などです。

とくに飲み始めの強い「立ちくらみ」には十分注意してください。

女性では、高プロラクチン血症にともなう生理不順や乳汁分泌が現れることがあります。

これらの症状が出た場合には、直ぐに掛かりつけのお医者さんに相談して下さい。

注意点

昏睡状態の方、バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方、本剤や本剤含有成分にアレルギーのある方、アドレナリンを投与中の方、糖尿病またはその既往歴のある方は使用しないでください。

寝たきり、または手術後などで長時間体を動かせない人、脱水状態の人、あるいは肥満のある人は血栓塞栓症の発現に念のため注意が必要です。

口コミ
0 合計

レビューを書く

この商品はいかがでしたか?利用した感想をご記入ください.

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
満足度

ニックネーム*

レビューのタイトル*

商品レビュー本文*

君たちに伝えたい良い商品