シルデナフィルの効果と注意点|ED治療薬の成分

送料無料¥7,999以上

歴史一番長いED治療薬成分・シルデナフィル

 

ED治療薬成分シルデナフィル

 

今市販している歴史一番長いのはバイアグラです。そして、バイアグラの成分として存在しているシルデナフィルはバイアグラと同じ、歴史一番長いED治療薬の成分であります。それによって、バイアグラ形成している成分は主成分のシルデナフィルクエン酸塩と添加物です。そして、シルデナフィルがどのくらい含まれているかで[25mg][50mg]と言われています。

 

シルデナフィルは元々、狭心症の治療薬として研究・開発なんですけど、第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果はあまり良くないんで、試験の中止を決めました。でも、被験者が余剰の試験薬を返却することは断りました。原因は、この薬は逆に陰茎の勃起を促進することができました。それによって、陰茎の勃起を促進することを適応症として発売され、バイアグラを誕生しました。

 

一方、シルデナフィルはED治療薬バイアグラの主成分として用いられているほか、肺動脈性高血圧症にも、作用があります。シルデナフィルには陰茎のみならず脳を介した血管拡張を促進する作用があるので、数多い疾患に対する適応が研究されています。ED治療薬はバイアグラと呼ばれています。肺動脈性肺高血圧症の場合は、レバチオと言われています。

 

シルデナフィル・陰茎の血流が増加できる

 

シルデナフィルは血管を収縮させる「PDE-5」の働きを抑え、血管を拡張させる作用があります。その作用によって、陰茎の血流が増加でき、勃起させます。だから、ED治療薬バイアグラの主成分としてシルデナフィルは性的興奮を受けて、陰茎に血流を保ち固くなった勃起状態を維持する効果があります。

 

シルデナフィルを服用すると、30分で効果が現れます。そして、60分でシルデナフィルの効果が最大値に達しています。

 

☟9種類の添加物を合わせて、バイアグラになりました

 

前に言った通り、バイアグラの成分は主成分シルデナフィル上に他の9種類の添加物も配合されています。主成分シルデナフィル以外の添加物は安定させたり、飲みやすくするために必要な物質です。

 

1.結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、乳糖水和物、トリアセチン
この四つ添加物は服用をしやすくするため、添加して、「賦形剤」と言われています。

 

2.ヒプロメロース
この添加物は粉末を結合させるため、添加して、「結合剤」と言われています。

 

3.クロスカルメロースナトリウム
この添加物は吸収しやすくするため、添加して、「崩壊剤」と言われています。

 

4.ステアリン酸マグネシウム
この添加物は粉にするため、添加して、「滑沢剤」と言われています。

 

5.酸化チタン、青色2号
この2つ添加物は製剤を着色するため、添加して、「着色剤」と言われています。

 

シルデナフィルと得られる効果の比例

 

よく見ているバイアグラ「50mg」、「100mg」は、主成分としてシルデナフィルの内容量を指します。どうして、違うですか?原因は内容量を増やすことで効果も増します。それによって、シルデナフィルを含有しているバイアグラは内容量に比例して効果が強くなることがわかります。

 

シルデナフィルを服用するときの注意点

 

シルデナフィルを服用するときの注意点というのはつまり、ED治療薬の場合、効果に悪くなる可能性があった影響を与える成分があります。つまり、シルデナフィルの併用禁忌です。

 

シルデナフィルの併用禁忌は相性の悪い薬があった時、一緒飲むことはダメです。もし、そのまま、飲むと、マイナスの作用が強く出過ぎた結果、副作用に至ります。また、薬の効果がまったく出ないという可能性もあります。

 

☹シルデナフィルの代謝を邪魔する薬

 

バイアグラを含有しているシルデナフィルは肝臓で代謝されることが必要です。原因は肝臓の場合、代謝を助ける酵素「CYP3A4」があります。もし、体からシルデナフィルの代謝を阻害することがあったら、重い副作用を引き起こす可能性があります。

 

☢例えば:

 

HIV感染症薬(リトナビル、サキナビル、ダルナビルなど)

 

抗菌薬(エリスロマイシン、ケトコナゾール、イトラコナゾールなど)

 

胃酸抑制薬(シメチジンなど)

 

☹シルデナフィルの効果を弱める薬

 

体からシルデナフィルの効果が弱くなる薬が確かに存在しています。服用すると、まったく効果が出ない可能性があります。

 

☢例えば:

 

肺高血圧症治療薬(ボセンタンなど)

 

抗菌薬(リファンピシンなど)

 

同じ成分シルデナフィルを含有しているジェネリック

 

ジェネリックというのは特許が切れた医薬品を他社が作成された医薬品です。本品に対して、後発医薬品とも呼ばれます。後発医薬品とは先発医薬品と同じ有用成分また製法で制作されました。また、後発医薬品の場合、開発にかかる期間が先発医薬品と比べて短い分費用が安くて済むため、価格を安くになります。それによって、バイアグラと同じ成分シルデナフィルを配合したジェネリック薬はバイアグラのジェネリックであります。

 

今、大人気なバイアグラジェネリックはアジャンタ・ファーマという製薬会社が製作された「カマグラ」という、同じ成分シルデナフィルを配合している薬です。

 

シルデナフィルを含有しているジェネリック一覧表

 

商品画像 商品名 含有成分 特徴 製造元
カマグラ カマグラ

シルデナフィル

バイアグラの中で

一番有名なジェネリック薬

アジャンタファーマ
シラグラ シラグラ シルデナフィル

バイアグラの3割程度

購入出来

人気です!

シプラ
スーパーカマグラ スーパーカマグラ

シルデナフィル

+

ダポキセチン

勃起力と早漏

一緒に改善できます!

アジャンタファーマ
ラブグラ ラブグラ シルデナフィル 女性用バイアグラ マクレオーズ

 

★ED治療薬のバイアグラと肺動脈性肺高血圧症薬レバチオ

 

ED治療薬のバイアグラと肺動脈性肺高血圧症薬レバチオは同じ主成分シルデナフィルを配合しています。また、どちちらの薬も、同じ製薬会社・Pfizer社から販売されています。主成分シルデナフィルはED(勃起不全)と肺動脈性高血圧症、両方の原因であるPDE5を阻害することができます。

 

しかし、バイアグラとレバチオは同じ薬ではありません。目的が違う、副作用にも違います。また、レバチオの場合、重度の副作用としては、勃起機能の喪失が起こることがあります。だから、バイアグラと肺動脈性肺高血圧症薬レバチオは同じシルデナフィルが主成分があっても、逆の効果が出てしまうことがあります。