精神病の症状と原因|おすすめ精神安定剤

送料無料¥7,999以上

精神病とは?

 

精神病とは精神の働きが異常を示す病気です。また、精神病性障害と呼ばれます。近代、様々な精神病という病気が増大しています。例えば、統合失調症・うつ病・自律神経失調症・心身症・不安神経症・外傷後ストレス障害・適応障害などがあります。その中でうつ病という症状は増えています。

 

精神病

 

うつ病はどんな病気?

 

うつ病は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害ということです。


うつ病の原因は、大きく分けると3つの要素があります。


1:内的要因(自分の中の原因。性格や考え方、ストレス耐性など)
2:外的要因(外部の原因。仕事・家庭などのストレス)
3:遺伝

内的要因について

内的要因には「性格」が大きく関わってきます。特に、生真面目・責任感が強い・凝り性・仕事熱心・強い正義感などの性格です。また挫折経験が少なく、ストレス耐性が低かったりすれば、軽度のストレスでうつ病を発症してしまうこともあります。何事も否定的、ネガティブに捉えてしまう人もうつ病になりやすいでしょう。

外的要因について

外的要因とは「ストレス」です。本人がストレスと感じれば、どんなことでもうつ病の原因になりえます。近親者の死亡、家庭内のトラブル、病気、離婚、会社の人事異動や転勤、仕事上のトラブル、過労などさまざまなストレスがうつ病の発症の大きな原因となっている事が多いです。

遺伝について

うつ病はある程度、遺伝の影響があるとされ、研究報告などによれば、片親がうつ病であれば、子供がうつ病になる確率は、健常人の2~3倍高いと報告されています。

 

うつ病の症状は、大きく分けると2つの要素があります。

 

うつ病の症状

 

精神症状について

• 抑うつ気分(気分が落ち込む、憂うつ、理由もなく悲しい気持ちになる、何の希望もない)


• 意欲の低下(人と会ったり話したりするのが面倒になる、何をするのも億劫)


• 興味や喜びの喪失(今まで好きだったことや趣味をやる気になれない、テレビや新聞を見てもおもしろくない、性的な関心や欲求も低下する)


• 思考力の低下(頭がさえない、考えがまとまらない、決断力や判断力が低下する、反応が遅くなる、仕事の能率が落ちる、注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない)

 

身体症状について

• 睡眠の異常(入眠困難・早朝覚醒・中途覚醒・熟眠障害)


• 食欲の低下または増加


• 疲労、倦怠感


• ホルモン系の異常(月経の不順、性欲の低下、勃起の障害)


• その他の症状…頭痛(すっきりしない鈍い痛み)、頭重。肩、腰、背中などの痛み

 

統合失調症はどんな病気?

 

統合失調症とは、思考、知覚、感情、言語、自己の感覚、および行動における他者との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つです。


統合失調症の原因は、脳の情報集約の不調とストレスが重なることと言われています。

 

統合失調症


「巣立ちの病」とも言われることがあり、思春期から青年期の自立関連のストレスがきっかけになることが多くみられます。普段の生活の中でのストレスや、ライフイベントの失敗などから精神的に負担が大きくなります。また、遺伝性格養育環境なども関係があるとされています。これらのすべてが合わさって起こるものだと考えられます。何か大きなきっかけがあってというよりは、毎日の生活の中でのストレスが溜まってしまい、気付いた時には限界が来てしまい発症することが多いようです。

 

統合失調症の症状は多彩なため、全体を理解するのが難しいのですが、ここでは幻覚・妄想、生活の障害、病識の障害の3つにまとめてみます。

 

サイン1:幻覚・妄想

 

•    命令する声が聞こえると言う
•    監視や盗聴を受けていると言う(実際には受けていない)
•    口をいわれた、いじめを受けたと訴える(現実には何も起きていない)
•    ぶつぶつと独り言を言ったり、にやにや笑うことが多い
•    いつも不安そうで、緊張している

 

サイン2:会話や行動の障害

 

•    話にまとまりがなく、相手の話の内容もつかめない
•    作業のミスが多い、行動の能率が悪い

 

サイン3:意欲の障害

 

•    これまでの趣味や楽しみに興味がなくなった
•    人とのつきあいを避け、引きこもるようになった
•    何もせずにゴロゴロしている
•    身なりにかまわなくなり、入浴もしない

 

サイン4:感情の障害

 

•    感情の動きが少なくなる
•    他人の感情や表情についての理解が苦手になる

 

サイン5:生活の障害

 

統合失調症では、先に述べた幻覚・妄想とともに、生活に障害が現れることが特徴です。この障害は「日常生活や社会生活において適切な会話や行動や作業ができにくい」という形で認められます。陰性症状とも呼ばれますが、幻覚や妄想に比べて病気による症状とはわかりにくい症状です。

 

サイン6:病識の障害

 

病識とは、自分自身が病気であること、あるいは幻覚や妄想のような症状が病気による症状であることに自分で気づくことができること、認識できることをいいます。統合失調症の場合には、この病識が障害されます。

 

精神病の治療について


精神病を治療するために、様々な精神安定剤を開発されました。精神安定剤は不安を和らげる作用を持つお薬です。「安定剤」などと呼ばれることもありますが、正式な名称としては「抗不安薬」呼ばれます。現代、ネットサイトで精神安定剤は様々な種類を販売しています。お客様は自分の症状によってあう精神安定剤を選択してください。また、ネットサイトは販売している精神安定剤の偽物もありますから、購入するときに注意してください。ネットサイトで専門店を選んでください。

 

市販精神安定剤情報

商品画像

商品名 精神安定剤の種類 特徴
パキシル・ジェネリック パキシル・ジェネリック

睡眠薬・睡眠導入剤

ザイダス社が開発して

業界でうつ病・睡眠障害対する評価が高い商品

ジェイゾロフト ジェイゾロフト 抗うつ薬

軽-中度のうつ病・パニック障害改善できる

医薬品