早漏の対策|原因と症状|早漏薬情報

送料無料¥7,999以上

早漏(そうろう)とは―早漏の定義と判断基準

早漏の定義と判断基準

 

早漏というのは、今ストレスがすごく溜まっている生活の中で、数多くの男性を悩ませる問題でしょう。

 

早漏の定義は様々ですが、主にパートナーの女性を満足させる前に射精してしまう事の全般を早漏と当ページでは解釈いたします。

 

早漏とは文字の如く、早く漏れてしまうことを指します。では、早くってどれくらいなのでしょうか。

 

その話になると、腟内挿入後30秒以内、1分以内、ピストン運動が10回以内など様々な定義があります。(時間や回数が問題だけではなく、射精のコントロールがうまくできない状態も早漏と言われています。)

 

日本人における射精までの平均時間が18~30歳までで約7分間という報告があり、2分以下で射精してしまう方が早漏であると言われています。

 

簡単に早漏の症状や特徴をいうと、以下の点があります:

 

1.挿入する前に射精してしまいます。

2.1~3分程度で射精に至ってしまって、パートナーを満足できないです。

3.射精をコントロールとしようと亀頭を冷やしたりしているが効果を実感出来ないです。

4.射精に至る手前で動きを止めても射精してしまいます。

 

早漏の原因―早漏の原因と症状を全面解説

 

早漏の原因を簡単にいうと、主に身体的な原因と心理的な原因があります。では次から早漏の原因とそれなりの症状をご紹介いたします。

 

早漏の原因と症状を全面解説

1.ペニスの感触神経が過敏すぎる―過敏性早漏

 

早漏の中で最も常見な早漏タイプは過敏性早漏と言われています。

 

過敏性早漏はどうして起こるかというと皮膚や粘膜の神経やペニスの感触神経が非常に過敏すぎるからなのです。亀頭が刺激に対して慣れていないですので、すぐに射精してしまいます。若者やスポーツマンタイプの人に過敏性早漏が多いと言われています。

 

過敏性早漏がある方は実は健康面では問題は特に無く、むしろ身体は元気な状態です。ペニスの部分だけが過敏というだけです。体は衰弱だということではないです。それについてご安心ください。射精直前で強く握って我慢する「スクイーズ法」や、パートナーと一緒に射精のタイミングを図る「セマンズ法」が効果的です。(その方法について後は詳しくご説明いたします)

 

2.仮性包茎の方によく見られるタイプ―包茎性早漏

 

仮性包茎の方によく見られる早漏のタイプは包茎性早漏です。

 

普段は包皮が亀頭を覆っているために亀頭が刺激に弱く、セックス時の刺激に耐えられずに早漏してしまうということです。

 

包茎手術によって包茎を治療し、普段の刺激を強くすることで早漏が治る方法があります。手術をすると陰茎がきちんと露出した状態になります。慣れるまでに少し時間はかかりますが、時間が経過するにつれて、陰茎が刺激に慣れてきて、それに伴って早漏も治るというものです。でもやはり手術ですのでリスクがあります。だから事前にきちんと専門のクリニックを調べておくのは非常に重要です。

 

 3.加齢の原因での早漏タイプ―衰弱性早漏

 

衰弱性早漏というと、主に年齢を重ねることは原因となります。

 

加齢による筋力が低下し、射精をコントロールする射精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉の筋力が弱まります。それで射精の瞬間まで堰き止めていられたものが止められなくなることにより早漏が起こります。

 

 4.精神的なストレス、心理的な原因による―心因性早漏

 

心因性早漏は若い男性に多いという特徴があります。性行為に慣れていないことは主な原因となります。

 

また精神的なコンプレックスや深層心理に抱える不安などが引き金となり、性的な刺激にたいして脆弱で、過度の興奮をしてすぐに射精に至ってしまうのが心因性早漏の原因となります。

 

性行為に慣れていけば自然と解消する部分はあっても、それは個人差がありますので、いくら慣れても早漏を解消できない方もいます。また、仕事などによるストレスも早漏の原因になりますので、ストレス発散もよくしてください。

 

早漏の治療対策―医療方法とトレーニングで早漏完治!

 

1.スクイーズ法

 

早漏の治療方法について

スクイーズ方法は最も手軽で最も有効的な早漏治療法です。

 

前に言った通りその方法は過敏性早漏に非常に有効的なのです。スクイーズ法は自分一人でできる方法なので、いつでもどこでも行えます。手順は非常にシンプルで、手で射精寸前までペニスを刺激し、射精しそうになったら亀頭を押さえつければ射精を止められます。パートナーに手伝ってもらえばより高い効果が得られるという報告もあります。

 

2.リドカインで局部麻酔

 

ペニスの感度が良すぎると早漏しまいます。

 

だからリドカインをペニスに直接塗ることでペニスの感度を下げることができ、ペニスの感覚が鈍り挿入時間を飛躍的に延ばすことができるようになります。でも、この方法は心因性早漏と加齢性早漏にはそれほど効果がないです。また、塗布する量が間違えると、全く感覚がなくなってしまう可能性もありますので、最初は少なめから試していくのはよいでしょう。

 

3.早漏防止トレーニング

 

筋トレをすれば男性ホルモンの分泌が活発になり、精力増強につながると言われています。

 

だから、セックスの持続力を上げるには、筋トレをすることも1つの手段となります。では、どこの筋肉を鍛えるのが有効的だというと、PC筋です。PC筋は骨盤底筋とも言われて、おしっこを我慢したり肛門を締める時に使う筋肉のことです。射精を我慢するときも使います。

 

具体的なトレーニング手順は:

 

▶PC筋にギュッと力をこめて1~2秒ゆるめる。

▶力を抜いて1秒休む。

 

それは10回が1セットとなります。1日3セットを行うなら、射精をコントロール力が強くなります。

 

4.早漏治療医薬品を使う:

 

早漏治療医薬品はそれぞれの原因で起こる早漏に対応する成分が含んでいます。以下の表を通じて、簡単に説明いたします:

 

商品画像

商品名 主要成分 効果・効能
リドカインサンプル リドカイン

リドカイン5%

身体原因による早漏の治療

スーパーカマグラサンプル

スーパーカマグラ

シルデナフィル100mg+ダポキセチン60mg

精神原因による早漏の治療

タダポックスサンプル

タダポックス

タダラフィル20mg+ダポキセチン60mg

勃起不全に伴って早漏の治療