不眠症の種類と原因|人気睡眠薬オススメ

送料無料¥7,999以上

現代人に悩ませる不眠症


不眠症はどんな時代で存在している睡眠障害ですけど、現代、人々の生活習慣の変遷、また生活と仕事からのさまざまなストレスの増大に伴って、睡眠不足を持つ人、更に不眠症に悩んでいる人が多くなっていると言われています。睡眠時間は年齢、体質によって十人十色ですけど、調査によって正常な場合、成年人は7~8時間の睡眠時間が必要です。不眠症の悩み

具体的に言えば、現代人に悩ませる不眠症の症状は以下のようになります。
●寝付きが悪い、なかなか眠れない
●寝ても途中で何度も目が覚める
●朝早く目が覚める
●眠りが浅い、ぐっすり眠れない

不眠症を持っていたら、本当に辛いです。不眠症は人々の手元の仕事や生活にご迷惑をかけることができるだけでなく、長時期にそのまま続くと、人々の健康にいろいろな悪影響を与えることもできます。それで、適切な改善方法を求めることは重要です。

厚生労働省に行われた国民健康・栄養調査報告によって、現在の日本では5人に1人が不眠症を持ち、その比例は年々増え続けている傾向があると報告されています。

不眠症になる原因


それでは、不眠症になる原因はいったい何でしょうか?一般的に人々によって不眠症の原因も異なっていますが、まとめて言えば、だいたい生活習慣や、生活環境、心理原因、病気原因及び薬物原因といった五つの原因があります。通常、生活習慣の乱れは現代の不眠症を誘発する第一位の原因とされています。これから、不眠症の原因について一つずつ説明させていただきます。
▲生活習慣
昔の生活方式に比べて、今の生活方式は激しく変化しています。一番目立つのは夜の生活が豊富になっています。それに応じて、人々の休みの時間が短くなって、遅く寝たり、更に徹夜したりする習慣になってしまいます。他には、運動不足、残業、喫煙、過度の飲酒、携帯依存症も不眠症を引き起こす大切な原因です。
▲生活環境
旅行、出張、引越しなどのことで今までと違う環境にいる場合、そういう睡眠環境に慣れていませんから、不眠になりやすいと認められています。特に海外旅行で起こる時差ぼけの影響を受けて睡眠に関する生理機能が変わること、生活リズムの乱れは不眠の原因になります。
▲心理原因
心理原因というと、精神的ストレス、悩み、緊張や不安、恐怖などの気持ちを指します。通常、家族、親友の死や別れ、驚きの物事、人間関係に悩みが起こることをきっかけとして落ち込みの情緒、心理的なトラウマ、精神的ストレスを誘発して不眠症を起こします。
▲病気原因
病気原因は主に身体の病気と心の病気という二つに分かれています。身体の病気は外傷、湿疹で起こる痛みや痒み、高血圧、心臓病や呼吸器疾患で生じる呼吸困難などのことを指します。心の病気は即ち、精神病のことです。特に不眠という症状を持っているうつ病などの精神病は長時期の不眠症になる重要な原因とされています。
▲薬物原因
ある病気で薬物を服用している場合、薬物の副作用で不眠を引き起こすことがよく見られています。そういう睡眠障害は薬物服用を中止するに従って、だんだん消えることができると考えられています。

不眠症の悪影響を注意!


不眠症になったら、多くの悪影響をもたらすことができます。以下は不眠症の悪影響についての説明ですが、ぜひご参考してこれらの悪影響を重視してください。
◆脳の老廃物が排除されにくい
◆記憶力の低下
◆肥満をもたらす
◆心臓病、糖尿病やガンを誘発しやすい
◆精神状態が不安定になる
◆免疫力の低下になりやすい

以上の悪影響は不眠症で引き起こされる新陳代謝の悪さ、疲労の蓄積、脳の機能や免疫細胞の活発の低下に密接な関係があります。

不眠症の患者数

自分で不眠症の種類をチェック

不眠症の種類
不眠症の症状によって不眠症の種類は四つがあります。


★入眠障害、寝付きが悪い


★中途覚醒、寝ても途中で何度も目が覚める


★早朝覚醒、朝早く目が覚める


★熟眠障害、眠りが浅い

 

自分の不眠症の原因や種類を明らかにして、早めに改善と治療を行ってください。

不眠症を改善するには


不眠症を改善するには、一過性の不眠症と長時期の不眠症に対して、改善と治療方法も異なっていますが、予めに了解しておいたほうがいいと思われています。

※一過性の不眠症の改善


一過性の不眠症はおもに一時的な生活習慣の乱れ、及び生活環境の変化、暫時の病気や薬物の服用で起こる不眠症を指します。規則正しい生活習慣をつける、生活環境に慣れている、不眠を引き起こす病気の治しや薬物の服用の中止に従って、自然に改善されることができます。

不眠症の改善

※不眠症治療の最後の手段ー睡眠薬


精神的ストレス、心理的な病気で起こる不眠症は長時期の不眠症とされています。一般的にそういう不眠症の治療について、ストレスの解消に伴って、睡眠薬の利用は不可欠だと認められています。不眠症の四つの種類に応じて、睡眠薬は超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型という四種類があります。ストレスや環境変化で起こる入眠障害の場合、メロセット、アモバン、メラトニンなどの超短時間型、短時間型の睡眠薬を利用することはオススメです。また、その種類の睡眠薬は睡眠導入剤とも呼ばれています。うつ病などの精神病で引き起こされる不眠症の場合、パキシルなどの中時間型、長時間型の睡眠薬を利用してください。

また、睡眠薬を利用している間、睡眠薬そのもの及び服用の安全性を注意してください。

人気睡眠薬

商品名称 有効成分 商品詳細
パキシル・ジェネリック激安通販中! パキシル・ジェネリック

パロキセチン

パキシル・ジェネリックはうつ状態やうつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害PTSDなどに適用されます。

メロセット激安通販中! メロセット メラトニン

メロセットは睡眠サイクルを整えます。時差や睡眠周期の遅れ、睡眠不順や神経学的に損傷のある患者の治療に使われています。

メラトニン激安通販中! メラトニン

メラトニン3mg

メラトニンは自然的に睡眠を促進、「時差ボケ防止」に作用があり、十分な睡眠を促進すると同時に、老化防止(アンチエイジング)目的でも使用される睡眠促進剤です。