痛風の原因と食事|おすすめ市販痛風薬

送料無料¥7,999以上

○痛風はどんな病気?

 

痛風とは、尿酸が血液中に増えて体の中に結晶になって、足首、膝などに起こる急性の関節炎です。

発作する時、トゲトゲしてる結晶が血管の中に出来て、内側からずっと刺されるような感覚です。

日本での有病率は0.1~0.3%と推測され、90%以上が男性です。約70%の患者が足の親指にはじめての発作が起こります。

 

○痛風の原因は一体なんでしょうか?

 

痛風の原因は、尿酸という物質血液中に増えて体の中に溜まったことです。尿酸が一定量を超えると、血液中に溶けきれなくなり、結晶化して固まります。固まった結晶が関節に沈着し、痛風発作を起こします。

 

実は尿酸はプリン体という物質が分解されて作られるものです。プリン体は体の中で作られ、食べ物から摂取するものです。そして腎臓や汗から排出されます。プリン体摂取過ぎると、尿酸量が増えて、そして排出が追いつかない時、尿酸は体の中に溜まってしまい痛風になりました。

 

 

 

○痛風発作しやすい場所は?

 

研究によると、痛風発作したすい場所は、尿酸はたんぱく質の少ないところ、酸性が強いところ、よく動かすところや負担がかかりやすいところ、度が低いところなどです。

それすべての条件を満たしているのが足の親指で、約70%が足の親指にはじめての発作が起こります。

ただ、症状が悪化すると、足の親指だけではなく、炎症、腫れ、痛みは全身に広がります。

 

 

○痛風の痛みはどれくらい?

 

 

痛風の痛みは痛風という名前どおり、風に吹くだげで、激しい痛感します。

発初期段階では、患部に腫れが現れ、激痛が現れます。

関節部分にトゲトゲしてる結晶が血管の中に出来て、内側からずっと刺されるような感覚で、痛みが非常に激しく、なります。

痛風患者さんから、骨の中から何かでえぐり出されるような痛さ、傷口にキリを差し込まれ、キリキリもみたてられるような痛さが感じます。

靴下すら通せないほどの我慢も出来ない激痛です。

 

 

○痛風は完治できますか?

 

痛風は一体完治できますか、という疑問が持つ患者が沢山いると思います。

しかし、残念ながら、結論として痛風は、一生と戦う病気です。

一度、痛風になると尿酸値が上昇した時点で再び症状が現れるので、

この病気になると、一生尿酸降下薬が手放せないとも言われています。

しかし、日頃の尿酸値コントロールすることによって、発作は次第に起きなくなりますし、合併症も予防・改善することができます。

 

 

○痛風の食事

 

 

痛風の予防に良い食べ物は、尿酸の排出を促し、プリン体の少ない食べ物で、バランスの取れた食事も大事です。

米や小麦や蕎麦などの穀類プリン体をあまり多く含んでいない。

野菜、海藻類などのビタミンやミネラルを多く含んでいるアルカリ性食は 尿が酸性になるのを中和して溶けやすくなつた、尿酸の排出によい効果があります。

また食べ物だけじゃなく食べ方にも要注意です。肥満になってしまうと体内に尿酸を溜め込みやすくなり、尿酸の排出量も少なくなってしまうのです。

そして、痛風は糖尿病や高血圧症などの生活習慣病と密接な関係にありますので、栄養バランスのよい規則正しい食生活も痛風治療にとって大切です。

 

○市販痛風治療薬

 

商品画像

商品名 特徴
ザイロリック・ジェネリックとは、痛風・高尿酸血症治療薬ザイロリックの後発薬で、即ち先発薬としてのザイロリックの特許権が切れた後、ザイロリックと同じな成分を配合し、作られた薬です。

ザイロリック・ジェネリック

痛風・高尿酸血症治療薬ザイロリックの後発薬で、即ち先発薬の特許権が切れた後、ザイロリックと同じな成分を配合し、作られた薬です。