避妊対策|ピルの効果と市販情報

送料無料¥7,999以上

避妊の知識 

 

今は、性の観念が開放的な時代に、妊娠や避妊することは生活の中で普遍的なことになります。でも、妊娠を希望しない女性にとって、大変なことになります。避妊は人為的に妊娠しないようにすることです。以下は女性の避妊の知識を紹介しております。 

 

女性は20歳までに避妊の常識について

 

1:16歳までの女性はコンドームが選択してください。

2:16歳以上の女性は経口避妊薬が選択してください。

3:避妊が失敗した場合は、緊急避妊薬(72時間)が選択してください。

 

どうして、女性は妊娠した?

 

妊娠は女性が受胎して胎児をやどすことです。妊娠は胎児が母体子宮内に生育した過程です。卵子は、卵管采から卵管内に取り込まれ、卵管膨大部で精子と出会い、受精します。受精卵は、細胞分裂しながら、子宮内腔に運ばれます。子宮内腔に到達した受精卵は、その内側の細胞からは胎児が形成され、外側の細胞からは胎盤を構成する栄養膜細胞が形成されます。栄養膜細胞は、黄体からのホルモンによって着床しやすく変化した子宮内膜に侵入します。こうして、受精卵が、受精後約1週間の時点で、子宮内膜に完全に埋没して着床が完了すると、妊娠が成立します。

 

女性の妊娠

 

妊娠は4つの条件について

 

1:男性は健全と活動の精子が生まれ、女の人の膣を組み込むことができる。

2:精子に腟の後、活動を維持することができる能力を通じて子宮頚や子宮腔をしたら卵管と卵子の結合すること。

3:女性は健全な卵子、卵子は喇叭管に入り、精子と合流する機会することができる。

4:子宮内腔に到達した受精卵と子宮腔の環境は胚胎の生育に適している。

 

避妊方法の紹介

 

避妊といえば、技術や方法、避妊具などの道具、避妊薬などの医薬品、手術などなんらかの手段を用い、受精もしくは受精卵の着床を妨げて、妊娠を避けることです。避妊を男性任せにすれば非常に危険なことです。避妊率をアップするために、女性が積極的に主体的に避妊を考えるべきです。女性主体の避妊方法というと、女性用コンドームのほか、避妊器具避妊ピル避妊手術もあります。

 

コンドーム

 

コンドームとは、ゴムでできた袋を男性のペニスにかぶせ、精子の膣内への進入を防ぐものです。女性用のコンドームの材質はポリエーテルとポリウレタンで、男性用コンドームよりも3倍丈夫な材質です。ですから、避妊率を大幅にアップします。

 

避妊器具

 

子宮内避妊具はIUD、リングなどとも呼ばれています。子宮内にポリエチレンなどでできた小さな器具をいれ、主に精子と卵子の受精を妨げたり、着床を防いだりすることによって避妊ができます。きちんと装着できていれば、数年はそのままで避妊ができるんだ。女性が自主的に避妊できて、避妊率も95%です。妊娠経験のある人にお勧めです。

 

避妊ピル

 

現在日本で使用できる最も確実で、安全で、やめればすぐ妊娠可能になり、未婚、既婚、お産の経験の有無にかかわらず実施できる避妊方法は避妊ピルです。避妊ピルは経口避妊薬のことです。一番有効的な避妊方法です。低用量ピルの避妊効果はほぼ100%です。しかも避妊失敗の問題を解消するために、避妊に失敗した後の緊急手段として、緊急避妊ピルが開発られました。

 

避妊手術

 

正式な手術名は卵管結さつ術です。卵管を縛ることによって、子宮内に卵子が排出されることを防ぎます。卵子、精子の通り道を防ぐことによって受精できなくなるようにする手術のことです。完全に避妊を希望し、今後妊娠を全く希望しないのであれば避妊手術が一番よいとされています。この手術はお腹を切って手術をする方法と膣側から手術をする方法の2つがあり、どちらの手術をするにしても入院をすることが必要です。術後も排卵や月経はいつも通りあります。

 

避妊ピルは効く?

 

避妊ピルは、排卵を抑えることにより避妊する薬です。女性がこれを毎日飲むことで、排卵を起こさないようにする効果があります。正しく服用すれば、ほぼ100%の避妊の効果が期待でき、しかも服用をやめれば再び妊娠できるようになることから、女性が自らの手で完全にコントロールできる避妊法と言うことができます。ピルには卵胞ホルモン、黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれています。

 

低用量ピルとアフターピル、どっち?

 

低用量ピルは、排卵を抑えることにより避妊する薬。女性がこれを毎日飲むことで、排卵を起こさないようにする効果があります。低用量ピルの効果は排卵を抑制することができるし、子宮内膜を、受精卵が着床しにくい状態に変化こともできます。精子が子宮内に侵入しにくい状態が改善できます。

 

アフターピルとは、あなたが避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったなどの場合に、妊娠を防止するという方法です。その最も一般的な方法が、アフターピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。すべての緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。これは、大抵の女性にとって有効で安全な方法です。産婦人科医が、あなたにとって、最も適当と考えられる方法を選んでくれるはずです。

 

緊急避妊の効果は性行為後72時間以内にアフターピルを服用することで、アフターピルに含まれる女性ホルモンが排卵を遅らせたり、着床を防ぐ働きをします。また子宮内膜への着床を阻害する効果もあり避妊することができます。アフターピルは定期的に飲む事で徐々に排卵を抑制する、低容量ピルとは違います。ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する薬なのです。とにかく、妊娠を希望しない方にとって避妊することは大切なことです。女性として、必ず自分の身体を大事にします。妊娠をしたくないなら、きっと避妊方法をちゃんと選択しましょう。

 

市販避妊ピル情報

商品画像

商品名 避妊ピル種類 特徴
トリキュラー トリキュラー

低用量ピル

バイエル社が開発して

日本の産婦人科で処方率が1番高い商品

アイピル(アフターピル) アイピル(アフターピル) 緊急避妊ピル

性行為後の24時間以内で

95%の確率で避妊できる