フルボキサミンは先発品であるルボックスのジェネリック医薬品です。

送料無料¥7,999以上

  • フルボキサミン(ルボックス)の通販で購入 フルボキサミン(ルボックス)の通販で購入

※パッケージは参考画像です。内容量などの詳細はご注文商品詳細をご確認くださいませ。
外観は製造国により写真と異なる場合があります。

フルボキサミン(ルボックス)

在庫状況: 在庫切れ

効果効能 不安障害やうつ病、強迫性障害の治療
有効成分 フルボキサミンマレイン酸塩50mg
メーカー アッヴィ
レビュー
0 レビュー
健康のまとめ

商品詳細

フルボキサミンは、SSRIと呼ばれる不安障害やうつ病、強迫性障害の治療薬です。

有効成分フルボキサミンマレイン酸塩は、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。うつ病のほか、強迫性障害、社会不安障害(社交不安障害)などいろいろな心の不具合に応用されます。

心の安定に密接に関わっている神経伝達物質セロトニンが不足した事で、心のバランスが取れなくなってしまい、日常生活で漠然とした不安や恐怖が続き精神的に疲弊してしまいます。

不安障害は不安感や恐怖が過剰に膨らんでしまった事で、日常生活に支障を来すほどの疾患です。

この病気にはパニック障害、社会不安障害、全般性不安障害、恐怖症(閉所恐怖症・暗所恐怖症など)がありこれらを総じて不安障害と言います。

また長い間放置してしまうと治療が困難になってしまいますので、早くに発見し治療する事がおススメです。

強迫性障害はある考えやイメージに囚われてしまい、抑えようと思っても抑えきれず意味のない行為を繰り返してしまう症状です。無意味なことだと頭では理解出来ますが、止めてしまうと不安になり、止められなくなってしまいます。

治療には長い時間が必要とされ、薬の服用を始めてから効果を感じるようになるまでに早くても2週間程度、遅い場合だと2か月程の時間を要します。

また強迫性障害の場合は、うつ病よりも効果の発言を感じ難く少量から始め、徐々に使用量を増やす事が多いです。

突然服用を止めてしまうと効果が無くなってしまうのと同時に離脱症状が出てしまう事もありますのでご注意下さい。

使用方法

1日50mgから服用を開始し、効果が感じられない場合は1日150mgまで増量します。

1日2回に分けて食後に服用して下さい。。

効果·効能
不安障害やうつ病、強迫性障害の治療
副作用

比較的安全性の高い抗うつ薬ですが眠気、嘔気・悪心、めまい、動悸、発疹、白血球減少、肝機能障害、食欲不振、排尿困難、倦怠感,脱力感などの報告を受けています。

有効量は個人差が大きいです。通常、副作用がでないように、少量より開始し、よい効果のでる必要最小量まで段階的に増量します。

注意点

パーキンソン病治療薬のセレギリン(エフピー)との併用は禁止されており、一定期間の間隔をあける必要があります。両方の作用がだぶり「セロトニン症候群」という重い副作用を起こすおそれがあるためです。また、安定剤のピモジド(オーラップ)と飲み合わせると、重い不整脈を起こす危険性があります。さらに、筋緊張緩和薬のチザニジン(テルネリン)との併用により、血圧がひどく低下するとの報告があるので、これらについても禁止です。ほかにも飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。今現在、および最近まで飲んでいた薬を必ず医師に伝えてください。


口コミ
0 合計

レビューを書く

この商品はいかがでしたか?利用した感想をご記入ください.

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
満足度

ニックネーム*

レビューのタイトル*

商品レビュー本文*

君たちに伝えたい良い商品