レニベースジェネリックは、インタスファーマ社が製造販売する血圧を下げるお薬です。

送料無料¥7,999以上

  • レニベース・ジェネリックの通販で購入 レニベース・ジェネリックの通販で購入

※パッケージは参考画像です。内容量などの詳細はご注文商品詳細をご確認くださいませ。
外観は製造国により写真と異なる場合があります。

レニベース・ジェネリック

在庫状況: 在庫切れ

効果効能 降圧
有効成分 エナラプリルマレイン酸塩2.5mg
メーカー インタスファーマ
レビュー
0 レビュー
健康のまとめ

商品詳細

レニベースジェネリックは、有効成分のエナラプリルマレイン酸塩を含有する降圧薬です。

エナプリルに含有されている有効成分のエナラプリルマレイン酸塩は、血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることで、アンジオテンシンⅡの産生を抑制します。
また、ACE阻害薬は効き目が良く安全性が高いといった特徴があり、血糖や尿酸・脂質の影響を受けないため、年齢を問わず服用することが可能です。

使用方法

高血圧症

通常、成人に対しエナラプリルマレイン酸塩として5~10mg(2~4錠)を1日1回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

但し、腎性・腎血管性高血圧症又は悪性高血圧の患者では2.5mg(1錠)から投与を開始することが望ましい。

通常、生後1ヵ月以上の小児には、エナラプリルマレイン酸塩として0.08mg/kgを1日1回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。


慢性心不全 (軽症~中等症)

本剤はジギタリス製剤、利尿剤等と併用すること。

通常、成人に対しエナラプリルマレイン酸塩として5~10mg(2~4錠)を1日1回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

但し、腎障害を伴う患者又は利尿剤投与中の患者では2.5mg(1錠)(初回量)から投与を開始することが望ましい。

効果·効能
降圧
副作用

咳(セキ)が多く報告されています。

効果が出すぎると血圧が下がり過ぎて、めまいや立ちくらみを起こす場合があります。

その他、咳・喉の異和感、だるい・めまい・ふらつき・低血圧、腎機能の一過性の悪化などが報告されています。

注意点

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。

口コミ
0 合計

レビューを書く

この商品はいかがでしたか?利用した感想をご記入ください.

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
満足度

ニックネーム*

レビューのタイトル*

商品レビュー本文*

君たちに伝えたい良い商品