メインテート・ジェネリックはビソプロロールフマル酸塩を有した、心臓の働きを穏やかにする事で血圧を下げる薬です。

送料無料¥7,999以上

  • メインテート・ジェネリックの通販で購入 メインテート・ジェネリックの通販で購入

※パッケージは参考画像です。内容量などの詳細はご注文商品詳細をご確認くださいませ。
外観は製造国により写真と異なる場合があります。

メインテート・ジェネリック

在庫状況: 在庫切れ

効果効能 高血圧治療
有効成分 ビソプロロールフマル酸塩5mg
メーカー インタスファーマ
レビュー
0 レビュー
健康のまとめ

商品詳細

メインテート・ジェネリックはビソプロロールフマル酸塩を有した、心臓の働きを穏やかにする事で血圧を下げる薬です。 主に高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の治療に用いられています。 この薬はβ遮断薬と呼ばれる、交感神経のβ受容体の働きをしゃだんする事で、心臓の拍動を調整し、血圧を下げます。

この受容体には、いくつかの種類があり、血管にはβ2心臓にはβ1が多く存在しており、この薬はこれらの受容体に選択的に阻害する事で、より高い効果を得られる工夫がされています。

これらの効果が、狭心症の心臓に負担による、胸の痛みや圧迫感の症状を改善します。

内因性の交感神経刺激作用がなく心臓への刺激がないことから、心臓を休ませることに優れています。

また脳内に入りにくいことから、中枢性の副作用が少ないことと、薬の半減期が長く効果の持続性が長い事が特徴です。

※その他メーカーや成分量の異なる狭心症・高血圧の商品はコチラからご確認下さい。

使用方法

1日1回0.625㎎から始め、2週間以上服用し、忍容性がある場合には、1日1回1.25mgに増量して下さい。

その後、忍容性がある場合には、4週間以上の間隔で忍容性をみながら、段階的に増量し、忍容性がない場合は減量して下さい。用量の増減は、1回の投与量を0.625、1.25、2.5、3.75又は5mgとして必ず段階的に行って下さい、いずれの用量においても、1日1回の服用にして下さい。通常の維持量として1日1回1.25〜5mgを服用して下さい。

効果·効能
高血圧治療
副作用

徐脈、頭痛・頭重感、悪心、ALT(GPT)、低血圧、の上昇などの報告を受けています。

注意点

高度の徐脈、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群のある方は、症状を悪化させるおそれがありますので使用しないで下さい。

糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方は、アシドーシスに基づく心収縮力の抑制を増強させるおそれがありますので使用しないで下さい。

心原性ショックのある方は、心機能が抑制され、症状を悪化させるおそれがありますので使用しないで下さい。

肺高血圧による右心不全のある方は、心機能が抑制され、症状を悪化させるおそれがありますので使用しないで下さい。

強心薬又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全の方は、心収縮力抑制作用により、心不全が悪化するおそれがありますので使用しないで下さい。


口コミ
0 合計

レビューを書く

この商品はいかがでしたか?利用した感想をご記入ください.

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
満足度

ニックネーム*

レビューのタイトル*

商品レビュー本文*

君たちに伝えたい良い商品